親子で読んでほしい絵本大賞

第2回「親子で読んでほしい絵本大賞」発表

JPIC読書アドバイザークラブ(略称 JRAC ジャラック)は、「第2回 親子で読んでほしい絵本大賞」の受賞作を、『あるヘラジカの物語』(原案:星野道夫、絵・文:鈴木まもる、発行:あすなろ書房)に決定し、2021年3月16日に贈賞式を行います。

この賞は、司書、読みきかせボランティアなど、子どもに絵本を手渡す経験が豊富なJRAC会員が、「この本読んで!」で紹介した過去1年間の新刊絵本400冊の中から、「親子で読んでほしい絵本」を投票で選考し、表彰するものです。また、今回は「この本読んで!読者賞」も新設し、多くの読者より投票いただきました。

「この本読んで!」2021年春号では、絵本大賞の特集記事を掲載しています。

「親子でもっと絵本を楽しんでほしい!」「いい絵本を親子に届けたい!」と の思いを込めて創設した賞です。 入賞の12作品は以下の通りです。

第2回「親子で読んでほしい絵本大賞」入賞作品
1位
(大賞)
あるヘラジカの物語

『あるヘラジカの物語』 (あすなろ書房)1,500円
原案/星野道夫 絵・文/鈴木まもる

2頭のヘラジカの角がからみあったまま骨になっている写真。大自然のドラマと生命のつながりの物語が誕生しました。

2位 とんでいった ふうせんは

『とんでいった ふうせんは』(絵本塾出版)1,500円
文/ジェシー・オリベロス 絵/ダナ・ウルエコッテ
訳/落合恵子

おじいちゃんは家族の誰よりも多く、思い出という風船を持っています。青い風船はイヌがなくなったとき、紫の風船はおばあちゃんと結婚したとき。けれどおじいちゃんの手からどんどん風船が離れてゆくのです。

3位 おれ、よびだしになる

『おれ、よびだしになる』(アリス館)1,400円
文/中川ひろたか 絵/石川えりこ

ぼくは、相撲が好き。でも呼出さんのほうがもっと好き。一人前の呼出をめざして、いろいろなことを学びます。

4位 おおにしせんせい

『おおにしせんせい』(講談社)1,500円
作/長谷川義史

大西先生の授業はいきなり図画工作。太い筆1本で紙いっぱいに思いっきりかくんやで! まっさんは茶色の絵の具で廊下の絵を描き始めます。

5位 ひとは なくもの

『ひとはなくもの』(こぐま社)1,200円
作/みやのすみれ 絵/やべみつのり

すみれはよく泣きます。「なんでそんなに泣くの!」とお母さんに言われても仕方のないぐらい。だって、人は泣くものですから。

6位 おにぎりをつくる

『おにぎりをつくる』(ブロンズ新社)1,200円
文/高山なおみ 写真/長野陽一

さあ、おにぎりを作りますよ。まずはお米を量るところから!
料理家が子どもたちに届ける写真絵本です。

7位 たべる たべる たべること

『たべる たべる たべること』(おむすび舎)1,500円
作/くすのきしげのり 絵/小渕もも

命はつながっていきます。人生のさまざまな場面で食べることの大切な意味を、女の子の成長を通して見つめます。

8位 みずをくむ プリンセス

『みずをくむプリンセス』(さ・え・ら書房)1,500円
文/スーザン・ヴァーデ 絵/ピーター・H・レイノルズ
訳/さくまゆみこ

アフリカに暮らすジージーが、朝起きて最初にすることは、母さんと水を汲みに行くことです。汲んで帰るのは泥のまざった茶色い川の水です。

9位 虫ガール

『虫ガール ほんとうにあったおはなし』(岩崎書店)1,500円
文/ソフィア・スペンサー、マーガレット・マクナマラ
絵/ケラスコエット 訳/福本友美子

将来は昆虫学者になりたい、虫が大好きなカナダに住む女の子の実話。きっかけはチョウ。まわりの子に合わせるために虫を封印しようとしたことも。

10位 こんにちは! わたしのえ

『こんにちは! わたしのえ』(ほるぷ出版)1,400円
作/はたこうしろう

まっ白のまん中に青い絵の具を含ませた筆を置くと、ギザギザの生きものみたいな色が生まれ......。もっともっと描きたい! そんな気持ちがあふれだすお話です。

11位 こども かいぎ

『こどもかいぎ』(フレーベル館)1,300円
作/北村裕花

こども会議のメンバーの今日のお題は「おこられたときは、どうしたらいいか」です。いろいろな意見が出ますが、名案が浮かびません。そのとき、らんが言いました「ぎゅってするのはどうかな?」

11位 ふーってして

『ふーって して』(KADOKAWA)1,200円
作/松田奈那子

絵本に向かってふーっとすると画面いっぱいに色が広がります。
想像力が刺激されてふくらむ参加型絵本です。

「この本読んで! 読者賞」
1位 ちちゃこいやつ

『ちちゃこいやつ』 (マイクロマガジン社)1,550円
作/ロブ・ハドソン 訳/ダニエル・カール

ほらあなにちちゃこいやつが住んでいます。オオカミは遊ばないかと誘ったりしますが......。山形弁の軽妙な語り口が愉快です。

2位 あるヘラジカの物語

『あるヘラジカの物語』(あすなろ書房)1,500円
原案/星野道夫 絵・文/鈴木まもる

2頭のヘラジカの角がからみあったまま骨になっている写真。大自然のドラマと生命のつながりの物語が誕生しました。

3位 山はしっている

『山は しっている』(鈴木出版)1,500円
作/リビー・ウォルデン 絵/リチャード・ジョーンズ
訳/横山和江

朝太陽が昇り、その太陽が沈みゆくときには山をまっ赤に染め、夜のとばりがおりると真っ暗になります。山に生きる動物たちは、山に一日中見守られています。

※「この本読んで! 読者賞」は、今回から新設された「この本読んで!」の読者に投票いただいた賞です。

ページの先頭へ戻る