親子で読んでほしい絵本大賞

第1回「親子で読んでほしい絵本大賞」発表

JPIC読書アドバイザークラブ(略称 JRAC ジャラック)は、「第1回 親子で読んで ほしい絵本大賞」の受賞作を、『字のないはがき』(原作:向田邦子、 文:角田光代、絵:西 加奈子、発行:小学館)に決定し、2020年3月16日に贈賞式を行いました。

この賞は、司書、読みきかせボランティアなど、子どもに絵本を手渡す経験が豊富なJRAC会員が、「この本読んで!」で紹介した過去1年間の新刊絵本400冊の中から、「親子で読んでほ しい絵本」を投票で選考し、表彰するものです。

「この本読んで!」2020年春号では、絵本大賞の特集記事を掲載しています。

「親子でもっと絵本を楽しんでほしい!」「いい絵本を親子に届けたい!」と の思いを込めて創設した賞です。 入賞の12作品は以下の通りです。

第1回「親子で読んでほしい絵本大賞」入賞作品
1位
(大賞)
字のないはがき

『字のないはがき』 (小学館)1,500円
原作/向田邦子 文/角田光代 絵/西 加奈子

戦争中の、向田さん一家のちいさな妹と、いつも怖いお父さんのエピソードを綴った感動の実話。

2位 なまえのないねこ

『なまえのないねこ』(小峰書店)1,500円
文/竹下文子 絵/町田尚子

八百屋や書店などの飼い猫たちが、みんな持っている「名前」に憧れる、ひとりぼっちの猫のお話。

3位 このほんよんでくれ!

『このほんよんでくれ!』(クレヨンハウス)1,600円
文/ベネディクト・カルボネリ
絵/ミカエル・ドゥリュリュー 訳/ほむらひろし

ふと、のぞき見した絵本に夢中になってしまったオオカミ。おはなしの続きがどうしても気になり......。

4位 かんけり

『かんけり』(アリス館)1,500円
作/石川えりこ

ちえちゃんは、ひっこみじあんな女の子。友だちとかんけりをすると、友だちはどんどんつかまっていってしまいました。

4位 じゃない!

『じゃない!』(フレーベル館)1,400円
作/チョーヒカル

きゅうり......じゃなくて、バナナ! 固定概念を覆す、不思議な食べものの数々。新感覚の写真絵本!

6位 おおかみのおなかのなかで

『おおかみのおなかのなかで』(徳間書店)1,700円
文/マック・バーネット 絵/ジョン・クラッセン
訳/なかがわちひろ

ある朝、ネズミは、 オオカミに食べられてしまいました。ところが、オオカミのおなかの中には先客がいました。

7位 水の絵本

『水の絵本』(講談社)1,450円
作/長田 弘 絵/荒井良二

「人はみな水の星の子ども」と語っていた長田弘さん。その言葉の輝きを荒井良二さんが瑞々しく描きました。

8位 タタタタ

『タタタタ』(鈴木出版)1,300円
作・絵/りとうようい

全速力でサバンナを駆け抜けるチーター。ガゼルを飛び越え、ヌーの群れを蹴散らして全力疾走。

8位 ぬかどこすけ!

『ぬかどこすけ!』(あかね書房)1,300円
作/かとうまふみ

売れ残りのふた付きのかめに出番が。初仕事で張りきりますが、入れられたのは"ぬかどこねえさん"でした。

10位 おしいれじいさん

『おしいれじいさん』(福音館書店)900円
作/尾崎玄一郎、尾崎由紀奈

ある家のおしいれに、魚の姿をしたおしいれじいさんがこっそり住んでいました。夜になると起きだすのです。

11位 ねこです。

『ねこです。』(講談社)1,350円
作/北村裕花

毛糸玉に見えるこのかたまり。「ねこですか?」ページをめくると......しっぽもひょっこり現れました。

12位 お話の種をまいて

『お話の種をまいて』(汐文社)1,800円
作/アニカ・アルダムイ・デニス
絵/パオラ・エスコバル 訳/星野由美

故郷でおばあちゃんのお話をきいて育ったプーラは、アメリカで司書として働くことになりました。

ページの先頭へ戻る