トピックス - 2021年7月

【終了しました】8月11日(水) 吉見俊哉さん講演「東京復興ならず〜東京五輪2021を経て〜」【オンライン】

20210811吉見さん1880×800.png

4度目の緊急事態宣言。開催の迫る東京オリンピック。私たちは、なぜ失敗を繰り返すのか?

6月に発売された新著『東京復興ならず』(中公新書)で戦後日本の復興計画から現在にいたる日本の課題を追究された著者・吉見俊哉さんに、ポストオリンピック・ポストコロナの東京を予測・提言していただきます。皆さまのご参加お待ちしております。

<開催概要>
【日 時】8月11日(水)19:00~20:30
【配 信】Vimeoを利用してのオンラインイベントです。
※全国どこからでも視聴できます。
【参加費】
①1,980円【視聴+書籍:吉見俊哉『東京復興ならず』(中公新書)】
②1,320円【視聴のみ】
※当日ご都合つかない方のために、見逃し配信いたします。
※通信状況が悪く途中退席された場合も、返金は致しかねますので予めご了承ください。
【協 力】中央公論新社

<申し込み>

JPICオンラインストア
「ゲスト購入」を選択すれば会員登録不要でお買い求めいただけます。
※商品の選び間違いにはご注意ください。
sys_icon_moushikomu.gif

<講師プロフィール>
吉見俊哉(よしみ・しゅんや)
東京大学大学院情報学環教授。1957年(昭和32年)、東京都に生まれる。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。東京大学副学長、大学総合教育研究センター長などを歴任。専攻、社会学、都市論、メディア論、文化研究。著書に『都市のドラマトゥルギー』『博覧会の政治学』『万博と戦後日本』『五輪と戦後』『東京裏返し』などがある。

<お問い合わせ>

「JPIC ONLINE」係 
メールアドレス:online☆jpic.or.jp(☆を@に変換してお送りください)

【終了しました】8月7日(土) 特別講義「解きたくなる数学」──佐藤雅彦さん・大島遼さん・廣瀬隼也さん【オンライン】

解きたくなる数学_JPIC_1880_800_20.png

NHK教育テレビ番組「ピタゴラスイッチ」「考えるカラス」「テキシコー」などを企画・監修する佐藤さんは、長年、数学を教える手法を研究・開発し、映像メディアで発表してきました。今回はじめて、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の卒業生である大島さん、廣瀬さんと一緒に、活字メディアで数学の考え方と面白さを伝える書籍『解きたくなる数学』(岩波書店刊、9月28日発売予定)を出版します。

この講義では、「解きたくなる数学」の実例を紹介し、問題を見ただけで解いてしまいたくなるほどの数学の面白さを参加者のみなさんに体験していただこうと思います。

論理的思考を身につけたい、社会人、大学生、高校生、中学生のみなさんのご参加をお待ちしています。

<開催概要>
【日 時】8月7日(土)15:00~16:30
【配 信】Zoomを利用してのオンラインイベントです。
※全国どこからでも視聴できます。
【参加費】
①2,970円【視聴+書籍『解きたくなる数学』(岩波書店)】
※今回のオンライン講義を書籍付きで申し込んでくださった方全員に、『解きたくなる数学』制作チームが考案・デザインした「岩波計算ノート」(文庫サイズ・無地)をプレゼントします。
※書籍は発売日(9月28日)後に順次発送いたします。特典ノートも書籍と同時発送となります。②1,320円【視聴のみ】
※当日ご都合つかない方のために、見逃し配信いたします。(原則開催日から1週間以内にご案内します。)
※通信状況が悪く途中退席された場合も、返金は致しかねますので予めご了承ください。
【協 力】岩波書店

<申し込み>

JPICオンラインストア
「ゲスト購入」を選択すれば会員登録不要でお買い求めいただけます。
※商品の選び間違いにはご注意ください。
sys_icon_moushikomu.gif

<講師プロフィール>
佐藤雅彦(さとう・まさひこ)
1954年静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。1999年より慶應義塾大学環境情報学部教授。2006年より、東京藝術大学大学院映像研究科教授。2021年より、東京藝術大学名誉教授。
著書に『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著、日本経済新聞社)、『新しい分かり方』(中央公論新社)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q.』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけるNHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』『考えるカラス』『テキシコー』など、分野を超えた独自の活動を続けている。 『日常にひそむ数理曲線』(小学館)で2011年日本数学会出版賞受賞。2012年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。2013年紫綬褒章受章。2014年、2018年、カンヌ国際映画祭短編部門に正式招待された。

大島 遼(おおしま・りょう)
1986年生まれ。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。学部在学中、佐藤雅彦研究室に所属し「ピタゴラ装置」の制作など、表現研究を行う。卒業後はプログラマー・インタラクションデザイナーとして活動。2014年「指を置く」展の実験装置制作。独立行政法人情報処理推進機構2011年度未踏IT人材発掘・育成事業にて未踏スーパークリエータ認定。2012年D&AD賞。

廣瀬隼也(ひろせ・じゅんや)
1987年神奈川県生まれ。2012年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。学部在学中、佐藤雅彦研究室に所属し「ピタゴラ装置」の制作など、表現研究を行う。現在はプログラマー。2012年D&AD賞。

<お問い合わせ>

「JPIC ONLINE」係 
メールアドレス:online☆jpic.or.jp(☆を@に変換してお送りください)

ページの先頭へ戻る