読書を通じた生涯学習社会への参加

 一般財団法人出版文化産業振興財団では、読書を通した国民の生涯学習推進・読書活動の推進のため、平成5年より「JPIC読書アドバイザー養成講座」をスタートさせました。
 随時カリキュラムを更新し、常に「本」と「読書」の魅力を掘り下げる多彩な講座内容をご提供しております。様々な分野の第一人者である講師陣の下、スクーリングとレポートの組み合わせで、「本の歴史」「印刷と製本」「出版と流通」「情報収集と検索」「読書推進運動」等、読書や出版について体系的に学んでいただきます。
 受講される皆さまには、自己の教養を高めるとともに、子育ての中で、また地域サークル活動や企業の社員教育として「読書の効用」を広めていただき、積極的に読書推進活動に参加していただきたいと考えております。

 本養成講座修了生の自主運営組織である「JPIC読書アドバイザークラブ(JRAC)」の会員も講座修了とともに増加しており、学習会や各種研究会の開催、通信の定期発行、業界内外の様々な企画を通して活発な取り組みをしております。図書館・書店・学校・病院等での実践により、新たな読書推進運動のモデルとなる事例も数多く生まれております。
 これから本講座を受講されます皆様が、同じ目的をもたれた多くの方々とともに、地域における読書推進のリーダーとして大いにご活躍され、豊かな生涯学習社会の創造に多大な役割を担われますよう、心よりご期待申し上げております。

読書アドバイザー制度の目的

  • 読書を通した生涯学習の新たな分野を開拓する
  • 読書の楽しみを研究し読書推進活動を実践する
  • 読書を通して自己表現する活動の場を創造する

【7つのポイント】

1.「本」と「読書」について体系的に学ぶ
 読書・編集・印刷・装丁・書評・図書館など、本に関わるあらゆるテーマに触れ、つながりを把握し、広い視野で俯瞰的に出版界・読書界を眺めます。
進化・発展する業界の最新情報もお知らせします。
※スクーリングの詳しい内容についてはコチラ
2.各分野のエキスパートが講師に
 各分野で活躍するエキスパートをスクーリングの講師に迎え、丁寧にわかりやすくお話しします。
※講師・テキスト執筆者の詳細はコチラ
3.多彩な実習
●グループ・ディスカッション......受講生全員がいくつかのグループに分かれて、一つのテー
 マについて意見交換し、その結果を発表します。テーマは毎回異なり、グループのメンバー
 も入れ替わりますので、多くの人と様々なテーマについて意見交換ができます。
●本のはなし......受講生1人1人が好きな本を1冊選び、その本について3分ずつアピールしま
 す。100冊のブックレビュータイムです。
●装丁実習......文庫本をハードカバーに仕上げます。装丁家の岡本幸治氏の丁寧な指導の下、
 世界で一冊の本を作ります。
●書評講座......課題本を読み、全員が書いた書評を豊﨑由美氏とともに読んでいきます。書評
 を書く力、読む力を養います。
※装丁実習と書評講座は希望者のみ
4.本好きの仲間と出会える
 北海道から沖縄まで、毎年全国から受講生が集まります。みんな同じ「本が好き」という共通点で集まっていますので、和気あいあいとした雰囲気の中で"仲間"になっていきます。
「普段あまり本の話をする機会がなかったけれど、ここでたくさんの仲間と出会えた」
「日々の業務やボランティア活動で悩んでいたことを話しあえる友人ができた」
 そうした出会いが生まれる場所が「JPIC読書アドバイザー養成講座」です。
5.独自のテキスト
 全3巻と電子テキストから成る当養成講座のテキストは市販されていません。専任講師・永江朗氏の監修の下、JPICが編集したオリジナル・テキストです。
 スクーリング内容に沿って『本ってなんだろう』『本と出合う』『読む・調べる・伝える』の3巻に編集し、読み物としても充実した内容になっています。
 127×188mmの四六版でコンパクトにまとまっており、カラフルで洗練されたデザインの表紙に仕上げています。
 "女性がハンドバッグに入れて持ち歩き、いつでもサッと取り出して活用できる"実用性を重視しています。
※テキストの詳細についてはコチラ
6.充実のオプショナルツアー
 国立国会図書館や印刷博物館など、本にまつわる場所を見学します。
 普段なかなか目にすることのない流通や印刷の現場、工夫とこだわりを持つ街の名物書店を巡る書店ツアーなどを企画しています。
※ツアーの内容は毎年異なります。ご案内は受講生に随時お知らせします。
7.講座修了後のネットワーク
 当講座を修了した受講生たちが自主的に集まり、有志で作った団体「JPIC読書アドバイザークラブ「JRAC(ジャラック)」も、既に20年以上活動を続け、修了生の増加とともに全国でその活動の幅を広げています。
 継続的な勉強の場を持ちたい、交流し続けたい、という修了生の願いから作られたJRACは、「JPIC読書アドバイザー」となった修了生を、修了期を超えてつなげ、新たな出会いを生み出し続けています。

後援団体

一般社団法人 日本書籍出版協会、一般社団法人 日本雑誌協会、一般社団法人 日本出版取次協会、
日本書店商業組合連合会、公益社団法人 読書推進運動協議会、公益財団法人 文字・活字文化推進機構、一般社団法人 日本児童図書評議会(JBBY)、日本児童図書出版協会

ページの先頭へ戻る