JPIC 一般財団法人 出版文化産業振興財団

Share

財団案内

目的・事業

目的

 本財団は、出版文化産業及び読書活動に係る生涯学習の推進、出版文化産業及び読書活動に関する調査及び研究、人材育成、情報の収集及び提供等を行うことにより同産業の振興を図るとともに、読書活動の推進をはかることにより、我が国経済社会の健全な発展・国民の生活文化の向上・青少年の健全育成に寄与することを目的とする。本財団は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

事業

  1. 出版文化産業及び読書活動に係る生涯学習の推進
  2. 出版文化産業及び読書活動に関する調査及び研究
  3. 出版文化産業及び読書活動に関する人材育成
  4. 出版文化産業及び読書活動に関する情報収集及び提供
  5. 出版文化産業及び読書活動に関する内外関係機関等との交流及び協力
  6. 前各号に掲げるもののほか、本財団の目的を達成するために必要な事業

機構図

機構図

役員

理 事 長 近藤敏貴 (トーハン社長)※代表理事
副理事長 小野寺優 (日本書籍出版協会理事長、河出書房新社社長)
副理事長 堀内丸恵 (日本雑誌協会理事長、集英社会長)
副理事長 奥村景二 (日本出版取次協会副会長、日本出版販売社長)
副理事長 矢幡秀治 (日本書店商業組合連合会会長、東京都)
専務理事 松木修一 (事務局)※業務執行理事
常務理事 金田 徴 (事務局)※業務執行理事
理事 安部順一 (中央公論新社社長)
理事 相賀信宏 (小学館社長)
理事 亀井忠雄 (三省堂書店会長)
理事 高井昌史 (紀伊國屋書店会長兼社長)
理事 野間省伸 (講談社社長)
理事 松信 裕 (有隣堂会長)
理事 宮原博昭 (学研ホールディングス社長)

以上14名、[常勤]2名、[非常勤]12名

監事 桶田大介 (弁護士)
監事 能勢正幸 (公認会計士)
監事 平井 茂 (日本図書普及社長)

以上3名

JPIC評議員 石﨑 孟 (マガジンハウス顧問)
  大垣守弘 (大垣書店会長)
  川村興市 (楽天ブックスネットワーク社長)
  北島義斉 (大日本印刷社長)
  佐藤隆信 (新潮社社長)
  島 秀佳 (今井書店グループ社長)
  武田真士男 (光文社社長)
  千葉 均 (ポプラ社会長)
  中川清貴 (丸善CHIホールディングス会長)
  中部嘉人 (文藝春秋社長)
  春井宏之 (日本書店商業組合連合会副会長、愛知県)
  麿 秀晴 (凸版印刷社長)
  山本憲央 (中央経済社ホールディングス社長)

以上13名

賛助会員

定款

理事長挨拶

理事長 近藤敏貴

一般財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)
理事長  近藤敏貴


2024年 年頭所感

新年明けましておめでとうございます。
本年が皆さまにとりまして、充実した一年になりますように心より祈念いたします。

 昨年は皆さまのご協力をいただき、2年目となった「BOOK MEETS NEXT2023」は大きな広がりを見せることができました。
 特に、書店を盛り上げるために今年も開設したランディングページではさまざまな企画との連携により、参加書店3,724店のイベントを8,788企画も掲載し、書店へ誘導することができました。
 もちろん、JPICの柱である読書推進事業も年間を通しておこない、30期を迎えるJPIC読書アドバイザー養成講座を始め、JPIC読みきかせサポーター講習会、 上野の森 親子ブックフェスタ、JPIC ONLINE、はたちの20冊、季刊誌『この本読んで!』の発行、翻訳出版事業などの多くの事業を展開しました。さらに、2021年より主催事業として始めたマンガ感想文コンクールも新たな基幹事業として育ってきました。
 また、今年度より版権説明会もJPIC主催となり、日本の出版社のコンテンツを海外に発信するサポートも始めました。
 このように私たちJPICは、業界課題を解決する事業を進めながらも、地道に読者を育てる読書推進事業も継続・拡大し、さらに海外に向けた発信力も強化して、今後も出版業界の未来のために活動してまいります。
 つきましては、これまで以上にJPICへのご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

以上

TOP