トピックス

【ワテラス特別講演】山口周さん「人間の条件とは何か?──「豊かさ」の時代のヒューマニティー」

20211014山口さん1880×800.png

一般社団法人淡路エリアマネジメント主催(協力:JPIC)
【ワテラス特別講演 第一弾! Vimeoライブ配信】
講師:山口周さん(独立研究者・パブリックスピーカー)
「人間の条件とは何か?──「豊かさ」の時代のヒューマニティー」

物質的に豊かになりこれまでのビジネスがその役割を終えつつある現代。
これからの仕事に求められるヒューマニティー(人間性)とは何か、またそれをいかにして回復するか。
独立研究者・パプリックスピーカーの山口周氏を招き、ビジネスの未来について講演いただきます。

<開催概要>
【日 時】10月14日(木)18:00~19:30
【配 信】Vimeoを利用してのオンラインイベントです。
【参加費】無料
※申込にはワテラス公式LINEの登録が必要です。
【主 催】一般社団法人淡路エリアマネジメント
【協 力】一般財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)

<申し込み>
ワテラス公式LINEに登録後、申込フォームにてお申し込みください。(締め切り:10月11日(月)13:00)
登録完了後、後日視聴URLをメールでお送りします。
*ワテラス公式LINE:https://lin.ee/YJJewKL

友だち追加

<講師プロフィール>
山口 周(やまぐち・しゅう)
1970年東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。
電通、BCGなどで戦略策定、文化政策、組織開発等に従事。著書に「ビジネスの未来」「ニュータイプの時代」「世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか」「武器になる哲学」など。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。
株式会社中川政七商店社外取締役、株式会社モバイルファクトリー社外取締役。

<お問い合わせ>
「ワテラス特別講演」事務局 
メールアドレス:online☆jpic.or.jp(☆を@に変換してお送りください)

10月17日スタート! 今井むつみさん連続講座「ことばの力と考える力」<全3回>のご案内【オンライン】

20211017今井さん1880×800.png

親や教師、読みきかせの活動をされている方など子どもの成長に関わる方必見!
子どもの言語力と思考力の発達を認知科学・発達心理学の視点から学ぶことができる連続講座が10月から始まります。
講師は慶應義塾大学教授の今井むつみさん。世界的にもその研究が評価されている今井さんが全3回のカリキュラムで「ことばの力と考える力」について解説します。是非、みなさま奮ってご参加ください。

<開催概要>
【プログラム】
第1回:10月17日(日)10:30~12:00 ──「ことばを覚える仕組み」
第2回:11月21日(日)10:30~12:00 ──「ことばと考える力の関係」
第3回:12月19日(日)10:30~12:00 ──「ことばの力と考える力を育てるために大人ができること」
【場 所】
Zoomを利用してのオンラインイベントです。
※見逃し配信あり(1ヶ月間は視聴可能)
【参加費】
①全3回3,300円
②各回1,320円
※通信状況が悪く途中退席された場合も、返金は致しかねますので予めご了承ください。

<申し込み>

JPICオンラインストア
「ゲスト購入」を選択すれば会員登録不要でお買い求めいただけます。
※商品の選び間違いにはご注意ください。
sys_icon_moushikomu.gif

<講師プロフィール>
今井むつみ(いまい・むつみ)
1989年慶應義塾大学大学院博士課程単位取得退学。1994年ノースウェスタン大学心理学部Ph.D.取得。現在は慶應義塾大学環境情報学部教授。専攻は認知科学、言語心理学、発達心理学。著書に『ことばと思考』岩波新書、『学びとは何か――〈探究人〉になるために』岩波新書、『言語と身体性』岩波講座コミュニケーションの認知科学第1巻(共編著)、『ことばの発達の謎を解く』ちくまプリマー新書、『親子で育てることば力と思考力』筑摩書房、『言葉をおぼえるしくみ――母語から外国語まで』ちくま学芸文庫(共著)、『新人が学ぶということ――認知学習論からの視点』北樹出版(共著)ほか。

<お問い合わせ>

「JPIC ONLINE」係 
メールアドレス:online☆jpic.or.jp(☆を@に変換してお送りください)

10月16日スタート! 亀山郁夫さん連続講座「ドストエフスキー長編小説の深淵」<全6回>のご案内【初回無料・オンライン】

MicrosoftTeams-image (1).jpg

読書人の前にいつか必ず立ち塞がる〝難関〟、ドストエフキーの5大長編。
神や信仰、登場人物の心理への複雑すぎる論考。現代人には理解しにくい社会状況。覚えにくい登場人物の名前。そして何より読者を圧倒する長大さ。ーーーにもかかわらずドストエフスキーの作品は多くの文学者、作家、そして世界中の読者の心を捉え、生誕200周年を迎えた今も愛され続けられています。
 JPIC ONLINEでは10月より、新しい連続プログラム「亀山郁夫さんと読むドストエフスキー長編小説の深淵」を開始いたします。ドストエフスキーの五大長編を、それぞれの作品の魅力、どう読むべきか、亀山先生はどう読んだのかなどをじっくりとお話いただきます。
 10月16日ライブ配信予定の第一回目は"プロローグ"として作家ドストエフスキーについて、彼の生きた時代について、それぞれの作品について総合的な視点でご案内いただき、第2回目の「罪と罰」以降より、五大長編をドストエフスキーの執筆順に取り上げる構成とします。これによりプログラム全体を通して、著者の作家として、人間としての成長と成熟の足取りも辿っていただけることと思います。第一回目はどなたも無料で視聴いただくことができます。
 2006年光文社古典新訳文庫の創刊タイトルの一つとして発表された「カラマーゾフの兄弟」の亀山新訳は"読み易い!"と話題を集め、全5巻累計で100万部を超えるベストセラーとなったことは我が国のみならず世界中で話題となり、亀山先生のプーシキンメダル授与にも繋がりました。そして亀山先生はまもなく、「未成年」の翻訳を完了されます。これでドストエフスキー五大長編小説訳了の偉業を達成されることになります。2022年には国際ドストエフスキー協会主催の国際シンポジウムも日本で開催予定です。

<開催概要>
【日 時】
第1回:10月16日(土) 15:00-16:00 「概論」
第2回:11月20日(土) 15:00-16:00 「罪と罰」
第3回:12月18日(土) 15:00-16:00 「白痴」
第4回:2022年1月15日(土) 15:00-16:00 「悪霊」
第5回:2022年2月19日(土) 15:00-16:00 「未成年」
第6回:2022年3月19日(土) 15:00-16:00 「カラマーゾフの兄弟」
【場 所】
Vimeoを利用してのオンラインイベントです。
※全国どこからでも視聴できます。
※見逃し配信あり(1ヶ月間は視聴可能)
【参加費】
第1回:無料
第2回〜第6回:1,100円<各回> 3,850円<通しチケット>
【共 催】
一般財団法人 光文文化財団

<講師プロフィール>
亀山郁夫(かめやま・いくお)
名古屋外国語大学学長。日本藝術学院会員。
1949年栃木県宇都宮市生まれ。 1977年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。 東京外国語大学学長を経て、2013年より名古屋外国語大学学長。 著書に『破滅のマヤコフスキー』(筑摩書房)、『「悪霊」神になりたかった男』(みすず書房)ほか多数

<申し込み>

JPICオンラインストア
「ゲスト購入」を選択すれば会員登録不要でお買い求めいただけます。
※商品の選び間違いにはご注意ください。
sys_icon_moushikomu.gif

<お問い合わせ>

「JPIC ONLINE」係 
メールアドレス:online☆jpic.or.jp(☆を@に変換してお送りください)

【開催中止】9月18日(土)JPIC読みきかせサポーター講習会大阪会場について

新型コロナウイルス感染急拡大に鑑み、講習会の開催を中止させていただくこととなりました。

JPIC読みきかせサポーター講習会 学びを深める編 大阪会場
日時:9月18日(土)
会場:CIVI研修センター新大阪東

参加をご検討いただいた皆さまには大変心苦しい案内となりますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。また既にお申し込みの皆さまには直接メールにてご連絡いたします。

お問い合わせ先:JPIC「サポーター講習会」係

« 2021年8月

ページの先頭へ戻る